人気ブログランキング |
ブログトップ

幸diary

pcs43750.exblog.jp

楽しい山登り

101.png6月14日(金)晴れ 9日に所属する登山会で、一般の方にも参加していただき、烏帽子山登山道整備を行いました。同じ日に、遭難対策協議会と山岳警備隊の方々が宇奈月から僧ヶ岳の登山道の整備、確認済。とTさんに誘って頂いて宇奈月尾根コースを登りました。トイレが設置された第二登山口駐車場には、一台、車が有り、その隣にTさんの軽トラを停車しました。7:50 1050m 宇奈月尾根第二登山口スタート→
e0146390_09294931.jpg
宇奈月尾根コースは残雪期に良く登りますが、梅雨のこの時期には、東又コースを登る事が多く、新鮮に感じる。そう言えば、富山県に戻り、初めて僧ヶ岳に登ったのは、夫と二人で、1280m 登山口から山開き登山会の日でした。出発時間が早く、前僧ヶ岳を下りて来た時に仏ヶ平に設置される仏様を担いだ一行に出会った。あの時も梅雨の真っ只中、夫はそれ以来、山には登りたがらない❣ 私は、山が恋人❣ 
e0146390_09300179.jpg
e0146390_09301506.jpg
e0146390_09303017.jpg
e0146390_09304420.jpg
e0146390_09310194.jpg
e0146390_09312377.jpg
e0146390_10022680.jpg
10:45 山頂到着‼ 途中の雪渓で休んで居られる3人の男性が居られ、声を掛けると、駐車場に停車していた車の方で、1280m登山口迄、車道を歩いて登って来たと言われる。道理で、雪渓に足跡が無かった訳です。
駒ヶ岳 2002.5m
e0146390_10024250.jpg
毛勝山 2414.4m
e0146390_10030227.jpg
e0146390_10032074.jpg
e0146390_10033841.jpg
e0146390_10035137.jpg
e0146390_10041232.jpg
e0146390_10243144.jpg
何故か? サンショウウオのお出迎え❣ 頂上、下の池はまだ雪渓の下ですが、、、何処まで行くの?
e0146390_10244559.jpg
タカネサクラには、少し遅すぎました。次はキスゲの頃にでも訪ねましょうか。梅雨の晴れ間、眺望をのんびりと楽しみ、、、12:00 下山開始→
e0146390_10245722.jpg
e0146390_10251334.jpg
12:45 烏帽子尾根を歩いて居ると樹立の向こうの雪の上に横たわる人が見えて、「どうかされたのですか?」と声を掛けても、反応が無く、様子がおかしい。県警に通報しました。
e0146390_10252921.jpg
県警ヘリコプターが到着して、山岳警備隊員の仕事を見せていただく。15:20 救助活動が終了して、隊員の一人が、「話を伺いたいので登山口まで、同行させてください。」と私達の安全を確認しながら、16:25 一緒に第二登山口の駐車場まで、下山して下さる。 5月に富山県山岳連盟のザイルワーク&クライミング講習会で、警備隊の指導を受けた事を思い出す。練習を忘れて居ました。そして、何故か、6年前に逝ってしまった妹の事を思う。哀しい現実です。ご冥福をお祈りいたします。

# by pcs43750 | 2019-06-17 12:32 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png5月27日(月)晴れ 道の駅かたしな 車中泊は快適でした。朝食後、コンビニで昼食を買って、利根村追貝のはずれから栗原川林道を不動沢登山口まで目指します。林道は想像以上に悪路で、地上高が低い車は大変だと思います。しかも、1時間30分も永遠と続きます。やっとこさ、1350m 皇海橋の駐車場にたどり着きました。林道の途中には、【自己責任で通行して下さい。】と書かれて居ましたが、車が故障したら?と思ってしまいます。8:00 登山口を出発→皇海橋を渡りすぐ左に分岐する林道を進み登山道に入る。不動沢を石伝いに左側に渡りしばらく登ると沢が狭くなり赤テープを目印に何度も沢を渡る。平日とは言え、駐車場には4台停車して居ましたが、前後に人の気配が有りません。登山道には単独登山を引き留める案内が随所にあり、、、確かに、女性がひとりで、来るような所では有りません。
9:20 不動沢のコル 皇海山と鋸山の分岐です。皇海山から下りて来られた方があり、鋸山に登って行かれる。山に入って初めて人と出会う!
e0146390_14054434.jpg
10:10 皇海山 到着! 残念ながら樹林が眺望を妨げているので、周りが良く解りません。
e0146390_14055637.jpg
e0146390_14060656.jpg
山頂から唯一見える日光白根山 10:50 下山開始→
e0146390_14061811.jpg
11:10 不動沢のコル 時間的には鋸山行けるけど、、、止めておきます。
e0146390_14062861.jpg
行きは写真を撮る余裕がなく、帰り道で思い直して記録を取ります。110.png
e0146390_14064017.jpg
e0146390_14065239.jpg
e0146390_14573845.jpg
e0146390_14574845.jpg
二俣でとても可愛らしいミヤマカタバミに出会う。とても小さいカタバミで、、、可愛らしいです。
e0146390_14580145.jpg
e0146390_14581328.jpg
e0146390_14582487.jpg
e0146390_14583568.jpg
12:30 登山口 無事下山! 単独登山を慎むようと書いてありましたが、確かにこんな所で遭難したら、、、大変ですね。そして、1時間30分悪路を下り沼田市方面を目指し南郷温泉で汗を流して少し早い夕食?を食べて沼田インターから、自宅をめざす。令和初の百名山、今年はいくつ登れるだろうか?それなりに楽しい山行でした。


# by pcs43750 | 2019-05-30 15:28 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png5月26日(日)晴れ 二日目は日光山群の最高峰に登りました。丸沼ゴンドラ山頂駅 9:30 出発→
e0146390_09323937.jpg
e0146390_09325301.jpg
11:00 樹林帯を抜け、砂礫地や露岩の登りになる。樹林帯に残雪は有りましたが、踏みぬきに注意する程度でアイゼンが必要とは思いませんでした。
e0146390_09330324.jpg
11:40 山頂到着 ❣
e0146390_09331384.jpg
e0146390_09332652.jpg
e0146390_09333722.jpg
e0146390_09334997.jpg
武尊山 至仏山 
e0146390_09521098.jpg
燧ヶ岳 会津駒ヶ岳?昨年、出掛けた百名山 残雪が多いですね。
e0146390_09522975.jpg
e0146390_09524239.jpg
e0146390_09530344.jpg
昨日登った男体山
e0146390_09533147.jpg
e0146390_09534261.jpg
e0146390_09535121.jpg
12:40 荒々しい火山礫の山頂をぐるりと散策してランチタイム!金精峠トンネル手前から、登ろうとしたのですが、見上げると上部に残雪が見え、無難なロープウェイコースにして終いました。高山植物にはまだ早いだろうと、五色沼周回コースを諦め、下山開始→
e0146390_10013540.jpg
e0146390_10014807.jpg
14:00 山頂駅に無事下山!
e0146390_10020427.jpg
e0146390_10022356.jpg
ゴンドラで丸沼高原スキー場に下りて、片品村を目指す。花咲の湯で汗を流して、舞茸とアスパラの天丼セットを食べて、道の駅片品に戻る。今夜はここで、車中泊です。明日は皇海山に登ります。おやすみなさい。152.png

# by pcs43750 | 2019-05-30 10:43 | 山だより | Trackback | Comments(0)
5月25日(土)晴れ 8:30 日光二荒山神社中宮祠で記帳。登拝料を奉納し安全登山の祈願をし、登拝門をくぐり石段を登ります。
e0146390_05434241.jpg
e0146390_05435298.jpg
一合目 山道らしくなってきました。
e0146390_05440099.jpg
9:25 四合目 登拝門をくぐる
e0146390_05441250.jpg
五合目
e0146390_05442493.jpg
七合目
e0146390_05444044.jpg
10:30 八合目 避難小屋
e0146390_05445298.jpg
滝尾神社
e0146390_05555938.jpg
e0146390_05561098.jpg
e0146390_05562065.jpg
弥陀ヶ原 赤褐色の火山礫帯に出る。荒々しい岩場から、風景が一変する。
e0146390_05563208.jpg
明日登る予定の 日光白根山が見える 雪が少し残っている様に見えます。
e0146390_05564371.jpg
11:50 二荒山神社奥宮 山頂到着❣ 登り3時間20分 観光地に在る山だけに老若男女 賑わっています。
e0146390_05565442.jpg
e0146390_06115138.jpg
e0146390_05570486.jpg
e0146390_06120262.jpg
e0146390_06121695.jpg
e0146390_06122501.jpg
e0146390_06124193.jpg
e0146390_06125573.jpg
e0146390_06131107.jpg
太郎山 7人の孫があり、男子が4人 清々しい姿が、印象に残る。
e0146390_06195548.jpg
天を衝く鉄剣 一等三角点 360度遮るもの無い展望 頂上が楽しい山です。
e0146390_06201307.jpg
13:10 下山開始→弥陀ヶ原から、中禅寺湖
e0146390_06205106.jpg
15:10 二荒山神社中宮祠 無事下山!
e0146390_06210576.jpg
華厳の滝に寄りましたが、滝の落ち口から逆光で写真には、なりません。
e0146390_06212253.jpg
e0146390_06214034.jpg
e0146390_06215464.jpg
温泉保養センター やしおの湯 で汗を流し 夕食は特産の舞茸を天ぷらした蕎麦定食❣ とても美味しゅう御座いました。日光駅前のホテルに戻ります。


# by pcs43750 | 2019-05-29 07:00 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png5月24日(金)晴れ 阿部木谷から毛勝山に登ろうと思って居ましたが、メンバーに仕事が入り中止になりました。せっかくのお天気ですから、一人で百名山を登ります。今回は、日光周辺の三座を登ります。本日は移動日、日光は初めてです。日光駅前のカプセルホテルに2泊の予約をして出発しました。途中で吹割の滝に寄り道、写真では見た事が有りますが、やはり迫力が有ります。
e0146390_16010729.jpg
e0146390_16012487.jpg

片品村から120号線を金精トンネルへ標高を上げ、戦場ヶ原、中禅寺湖、第一いろは坂、東照宮、しかし田舎者の私は運転に必死で観光の余裕は有りません。取り合えず、今夜の宿をめざす。宿の個人スペースは畳2枚でロッカー、テーブル、ベット上段に仕切られ、ヘッドホン使用のテレビ、、、意外と快適かも?海外からの宿泊者や、作業着のビジネス風の方等、こじんまりした温泉で汗を流して、世界遺産の東照宮には時間が遅く、駅周辺をぶらぶらして、外で夕食を取ります。日光の地ビールとゆばの刺身が付いた生姜焼き定食です。海外から来られた方も気軽に食事を楽しんで居られ、、、と言うか、海外からの訪問者が多い❣ ゆっくりと滞在して、楽しみたい観光地です。
e0146390_16013930.jpg
明日は男体山に登ります。部屋に戻りぴったんこカンカンスペシャルを見て、夢の中! 家よりずっと快適!おやすみなさい 152.png

# by pcs43750 | 2019-05-28 16:53 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png5月19日(日)晴れ 所属する会の山行会に参加しました。7:50 坂田峠出発→ 10:10 白鳥山
e0146390_08071534.jpg
e0146390_08073030.jpg
e0146390_08074825.jpg
e0146390_08080569.jpg
e0146390_08082020.jpg
e0146390_08083745.jpg
10:10~11:40 春の日差しの中、漬物や、ノンアルコールビール、果物他、沢山の持寄りがあり、参加者16名で和やかなランチタイムです。
e0146390_08085180.jpg
e0146390_08373934.jpg
e0146390_08375614.jpg
11:40 下山開始→
e0146390_08381865.jpg
e0146390_08383883.jpg
13:20 坂田峠 無事下山! 皆様、沢山ご馳走になり、有り難う御座いました。又、特別参加のエミちゃん   何年ぶり?元気な笑顔に会えて楽しい山行でした。

# by pcs43750 | 2019-05-20 08:59 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png5月16日(木)晴れ Tさんから、猫又谷に誘って頂き、O姐さん・Y子姐さんもご一緒いただいて、久し振りの南又コースです。5:10 南又発電所をスタート→林道歩きから始まります→最終堰堤から谷に入ります。→1092m 釜谷 猫又谷の出会、私達の先に入山された方は釜谷へ入られた様です。猫又谷を登ります。
7:30 
e0146390_15102902.jpg
e0146390_15104316.jpg
8:20 釜谷との出会
e0146390_15105791.jpg
e0146390_15111341.jpg
e0146390_15113138.jpg
9:00 
e0146390_15115114.jpg
9:30 斜度が増して来たので、ピッケルに変える。
e0146390_15120900.jpg
e0146390_15204224.jpg
10:45 猫又谷源頭に到着‼
e0146390_15205318.jpg
e0146390_15210601.jpg
e0146390_15212237.jpg
e0146390_15214045.jpg
e0146390_15220185.jpg
11:40 猫又山 2378m 上り6時間30分
山頂には、釜谷から登られた男性が居られ、「釜谷山 猫又山 大猫山と縦走して南又に下ります。」とスプリットボードで降りて行かれる。私達はランチタイム!
e0146390_15221413.jpg
e0146390_15420193.jpg
e0146390_15421518.jpg
e0146390_15422970.jpg
13:10 下山開始→
e0146390_15424591.jpg
14:30 少しなだらかに❣→
e0146390_15430234.jpg
16:00 最終堰堤 → 林道歩き → 17:10 南又発電所 下り4時間
稜線に着いた頃から、雲がかかり剱様にお会い出来ませんでしたが、釜谷・毛勝の眺めは素晴らしく、縦走して見たいと思うけれども、何時も此処までで、精一杯です。今回も、稜線から山頂の一時間、右腿が痙攣して、O姐さんに飲み薬、Y子姐さんに外用薬を使わせて頂きやっとのことで、山頂アタックです。皆様、有り難う御座いました。110.png

# by pcs43750 | 2019-05-17 16:11 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png5月11日(土)12日(日)富山県山岳連盟の講習会に参加しました。国立登山研修所で命を守る為のザイルワークを、山岳警備隊の方に指導を受けました。覚えの悪い私は、もたもたと、パートナーに迷惑になってしまう!105.png素早く出来る様に鍛錬したいです。令和元年の講習会は若人達で賑って居ました。
e0146390_16515885.jpg

# by pcs43750 | 2019-05-15 17:11 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png5月10日(金)晴れ 信州小布施の山に K姐さんと出掛けました。去年の初冬に登った時、柏の木が沢山在ったそうです。落葉樹ですが、秋に葉を落とさず、春に若葉が出て枯れた葉を落とす。その交代の様子を確認したいと言われ、同行させて頂きました。8:00 岩松院駐車場 出発→林道を歩き岩松院登山口から入山→間もなく、かしわの木が沢山あります。
e0146390_11175039.jpg
淡黄色の花もついています。岩だらけで痩せた土地に生きて居ます。
e0146390_11180515.jpg
e0146390_11182201.jpg
ダンコウバイ 
e0146390_11183764.jpg
e0146390_11185525.jpg
9:30 千僧坊 782,7m 一番高い所です。眼下に小布施の街が見えます。
e0146390_11191025.jpg
e0146390_11192378.jpg
ヤマツツジが稜線歩きを楽しませてくれます。足元に鮮やかな春リンドウ!
e0146390_11430701.jpg
10:00~10:20 展望園地 雁田山頂上 小布施の街を眺めながら休憩  →
e0146390_11432487.jpg
二ノ岩でランチタイム!→11:30 すべり山登山口 →11:50 林道を歩いて岩松院駐車場 休憩含む3時間50分 
ピンポン玉くらいの虫こぶ どんな虫が出てくるのでしょうか❓ 
e0146390_11433993.jpg
e0146390_11435710.jpg
e0146390_11441721.jpg
今日迄、ぼんやりと余り考えずに柏餅を食べていたけれども、岩だらけの痩せた土の所に根を張る 柏 5月の節句に使われるのは、子供達に逞しさを求めた物なのでしょうか? 因みに 鯉のぼり、、、子供の頃、小牧温泉で、ダムから少し放水される所を鯉が、落ちても、落ちても、繰り返して登る鯉のダム登りを見ました。気が付けば、鯉のぼりをあげる家が少なくなりましたね。K姐さん、誘って頂いて有り難う御座いました。

# by pcs43750 | 2019-05-13 12:42 | 山だより | Trackback | Comments(0)
5月5日(日)晴れ 4:30 起床 朝食後 テント撤収作業 作業終了後 それぞれのペースで室堂ターミナルを目指す。8:50 ターミナル到着‼レンタルのビーコンを返して、美女平行のバスに乗車、スムーズにケーブルカーに乗車して立山駅に戻りました。晴天に恵まれて、条件の良い春山を楽しみました。御一緒してくだっさた5名の皆様有り難う御座いました。
e0146390_16391532.jpg

# by pcs43750 | 2019-05-08 07:55 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png5月4日(土)晴れ 夜間は気温が下がり、テント内も氷点下、マットを敷いて居ても背中は冷たく熟睡とは言えませんが体は休めました。満天の星空に飛び込んで終ったようで感動しました。4:30 起床 朝食後 7:00 出発→御前小屋を目指します。
e0146390_16001263.jpg
e0146390_16002629.jpg
e0146390_16004077.jpg
e0146390_16005410.jpg
9:40 御前小屋到着 2792mの御前山へ向かいます。10:00~10:10 御前山 
奥大日岳
e0146390_16011045.jpg
弥陀ヶ原、桑崎山
e0146390_16012828.jpg
剱沢の向こうに見える後立山連峰 113.png
e0146390_16014666.jpg
クズバ山 早月尾根だろうか? 4月に通った東芦見尾根?見えて居るのだろうか❓
e0146390_16182029.jpg
立山
e0146390_16184581.jpg
別山
e0146390_16190027.jpg
剱御前山 2792m
e0146390_16191680.jpg
槍ヶ岳も見えます。
e0146390_16193072.jpg
剱岳
e0146390_16183553.jpg
御前小屋に戻り、全員が揃って、祝杯を上げる。カンパーイ167.png 軽くランチタイム!
e0146390_16194577.jpg
e0146390_16385838.jpg
e0146390_16391532.jpg
11:00 雷鳥沢キャンプへ下山開始→
e0146390_16394071.jpg
下山開始後、雄山の下方 山崎圏谷上部で県警ヘリコプターがホバーリング!救助作業が見える。雪質は気温が上がり、締りがありません。更に標高を下げて、ビーコンの使い方、実習を受ける。2:00 テントに戻り祝杯を上げる。そして、夕食 111.pngメニューはクリームシチューです。ご馳走さまでした。日が傾き始めると、気温が下がり始め、本日も早々に、テントに入ります。
e0146390_16395755.jpg
今晩も寒かったけれども、満天の星空に包まれて、夢の中へ 152.png 

# by pcs43750 | 2019-05-07 17:29 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png5月3日(金)晴れ 所属する会の山行会に参加しました。10連休の最中、立山駅のチケット購入で信じられないほどの長蛇の列に並び、8:30分の室堂ターミナル直行バスに乗りました。ビーコンのレンタルを済ませて、雷鳥沢キャンプ場を目指します。2年前にも、企画があり、私は2回目の参加です。2年前、私は腰椎圧迫骨折後で滑落停止訓練で、俯けに反転出来ず、148.png 訓練ですから、当然安全帯ですが、、、今年は如何に?、、、先ずは、男性3人、女性2人の5人で出発です。以前とほぼ同じ場所にテント設営!その隣にテーブルを作りランチタイム!太陽に照らされて寒さを感じません。午後から一人参加され、今回のメンバーは6人です。
e0146390_11030244.jpg
e0146390_11032810.jpg
残雪の量が多く、雪面が綺麗です。今晩の夕食担当は私です。野菜たっぷりの餃子鍋を作りましたが、如何だったでしょうか?会員の中に山行の度に食材持参で、シェフの如く、お料理して下さる男性が数人居られ、今回は参加が無くて責任重大です。今後は山食、考えてみたいと思います。ウーケのご飯、便利だけれども、全員分を湯煎すると、大きな鍋が必要だし、無洗米を長く給水させて炊くと早く炊けますが、標高が高いと美味しく炊けません。山小屋では、多分、圧力鍋を使って居られるとおもいます。富山大学の山岳部がテント泊して居られ、今晩のメニューは【ごぼうのアヒージョ!】 男女共同で手際よく作って居られる。夕刻には、美味しそうな、ごぼうの香りが漂う。明日は雄山から別山へ縦走するそうです。
奥大日岳を背に❣ 私達の今宵の宿 177.png
e0146390_11041142.jpg
e0146390_11043429.jpg
日が沈むと途端に冷えて来て、早朝から必死になって、ここまで来た疲れもあり、早々にテントに収まる。満天の星空に包まれて夢の中152.png

# by pcs43750 | 2019-05-07 11:41 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png5月2日(木)晴れ K姐さんに誘って頂いて、3日目はカタクリ満開の山へ出掛けました。ゴンドラパーク 8:00 出発→月惜峠を目指します。この辺りのカタクリは種がついています。→登山道には切れ間が無い位にカタクリの群生が続きます。→10:20 山頂 2時間20分 なだらかな山頂で少し早いランチタイム!
e0146390_09512516.jpg
e0146390_09513637.jpg
残念、白山方面に雲が流れ微妙に姿が見えません。
e0146390_09514859.jpg
11:20 下山開始→上りはカタクリに雫が付いてうつむいて閉じて居たので、帰り道が楽しみです。
e0146390_09520436.jpg
e0146390_09521840.jpg
e0146390_09522950.jpg
e0146390_09524961.jpg
e0146390_10031844.jpg
e0146390_10033370.jpg
e0146390_10034422.jpg
e0146390_10035858.jpg
e0146390_10041106.jpg
カタクリが彩る春の尾根道をのんびりと楽しみます。眼下に手取川扇状地 目に写るすべてが、春の彩り、素敵ですね。
e0146390_10044423.jpg
e0146390_10045602.jpg
e0146390_10183963.jpg
e0146390_10185596.jpg
e0146390_10191514.jpg
13:20 ゴンドラパーク 下り2時間 五月晴れの奥獅子吼山、感動しました。

# by pcs43750 | 2019-05-06 10:26 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png4月29日(月)曇り k姐さんに誘って頂いて2日目は山中温泉の奥に聳える、富士写ヶ岳 芽吹きのブナ林、満開の石楠花、癒しのお山でした。
8:20 スタート→ 我谷ダム湖に架かる赤い吊り橋を渡る。
e0146390_12020756.jpg
e0146390_12022021.jpg
e0146390_12023202.jpg
e0146390_12024557.jpg
e0146390_12025891.jpg
e0146390_12031323.jpg
e0146390_12032717.jpg
e0146390_12034938.jpg
以前に、登った事が有りますが、、、113.png ホンシャクナゲ 美しいですね。丁度の見頃で感激しました。
10:30 頂上到着 2時間10分 賑やかです。ランチタイムを取ります。
e0146390_12204229.jpg
11:30 下山開始→前山→枯淵コースを下山→
e0146390_12205936.jpg
e0146390_12211244.jpg
11:30 九谷ダムに下山 下り 1時間 
e0146390_12212502.jpg
暫く下ると、見覚えのある登山口がありました。急傾斜の登山道で、分岐を見過ごしたようです。ここに下山の予定でした。?
e0146390_12214005.jpg
12:20 我谷ダム湖に沿った車道を歩いて駐車場に戻る。k姐さん、誘って頂いて有り難う御座いました。

# by pcs43750 | 2019-04-30 12:46 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png4月28日(日)晴れ K姐さんに誘って頂いて、長野市西部の丘陵地にある里山の春の風景を楽しみました。一帯は標高1200m~1300mの丘陵地に集落が点在し、丁度、集落総出で、えざらいの作業中に訪問しました。お蔭様で、メルヘンな里山を堪能させて頂きました。有り難う御座いました。
e0146390_09461182.jpg
9:00 不動滝入口 985m をスタート→
e0146390_09462884.jpg
不動滝を左に眺め金倉坂→日本記への分岐→ 10:00 休憩小屋跡東屋
e0146390_09464260.jpg
10:14 山頂到着 地震による崩壊で、片側が崖の広く無い山頂ですが、同じ思いの登山者で賑う。
e0146390_09465516.jpg
e0146390_09472416.jpg
e0146390_09473450.jpg
e0146390_09474795.jpg
少し戻ってランチタイム!11:00 下山開始→ 11:45 登山口
e0146390_10100940.jpg
延齢草が目を惹く! 白い花は深山延齢草! 
e0146390_10102383.jpg
集落は春の装いで、メルヘンチック 癒されます。
e0146390_10104194.jpg
e0146390_10105694.jpg
e0146390_10111045.jpg


# by pcs43750 | 2019-04-30 10:23 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png4月23日(火)晴れ 6:30 鍋増谷側、土倉山登山口スタート→今季3度目の土倉山です。→9:07~9:19土倉山 1384m 上り2時間37分 山頂でテント撤収作業の単独の方が在り、多分 早朝から苅安山 1690,1mを目指されたと思います。おかげ様で足跡に助けられ、初めての苅安山登頂出来ました。
9:10 土倉山頂 劔様!
e0146390_16112065.jpg
そして、鞍部へと標高を下げて 途中の樹にご挨拶!
e0146390_16113665.jpg
10:45 雪庇、亀裂、不安な気持ちに鞭打って、初めて踏み入る東芦見尾根 トラロープ設置が、亀裂して露出した所に出て居ました。誰か登山道整備をされているのでしょうか?
e0146390_16115272.jpg
11:50 苅安山到着‼ 途中で、先行者の足跡は見失って終いました。私は尾根を登りきって、山頂を目指しましたが、谷側をトラバースされたのかも❓ 志水哲也さんの【剱岳百景】どこから見た剱岳が好きですか? その問いかけに刺激されて、残雪の剱岳を堪能して来ました。 土倉山から上り2時間30分 

e0146390_16121122.jpg
e0146390_16123193.jpg
e0146390_16124566.jpg
目前の東芦見尾根が大猫山方面に大きく聳え、劔様を仰ぐ感じがしません。
e0146390_16125606.jpg
大猫山が素晴らしい!
e0146390_17040286.jpg
毛勝三山
e0146390_17041653.jpg
大明神、毛勝山
e0146390_17043781.jpg
12:07 テント設営出来そうな所ですが、亀裂があり、雪庇が怖くて、落ち着けません。ゆっくりとランチタイム!と言うわけにはいかず、早々の下山開始→
e0146390_17045726.jpg
e0146390_17051343.jpg
行きはよいよい、帰りは怖い ! 最低鞍部から、土倉山がどうしてこんなにも遠いのか? 疲れを感じる。
苅安山を振り返る。
e0146390_17052687.jpg
13:57 土倉山 下り1時間50分 ここまで、戻ってやっと落ち着ける。ランチタイム!110.png 劔様を独り占め❣
e0146390_17053942.jpg
e0146390_17433831.jpg
14:51 土倉山から下山開始→
e0146390_17435853.jpg
e0146390_17441658.jpg
e0146390_17443279.jpg
e0146390_17445202.jpg
e0146390_17450636.jpg
16:13 登山口 下り1時間22分 活動時間9時間 本日も、上市の温泉に浸かって帰ります。初めての苅安山!感動しました。

# by pcs43750 | 2019-04-24 17:58 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png4月20日(土)晴れ 伊折集落のゲートが開門されないので、本日も、土倉山へ、劔様と過ごしたくて出掛けて終いました。 鍋増谷登山口、2台の車が停車して居ました。7:30 スタート→壁の様な取り付きから始まります。植林地の急登を過ぎて尾根を登ると1000m位で雪が繋がります。雪面に残された足跡から、先行者は女性二人の様です。10:00 土倉山到着‼ 彼女達は大倉山へと、縦走して行かれた様です。登り2時間30分
e0146390_10454542.jpg
e0146390_10460319.jpg
ランチには少し早く、天気も安定しているので、大猫山方面に東芦見尾根を鞍部へと、標高を下げます。
後ろ側に、大倉山1443,5mが良く見えます。
e0146390_10462555.jpg
東芦見尾根 今日は土倉山から、1248m鞍部迄偵察して、戻ります。
e0146390_10463841.jpg
激しい風雪に、耐えて生きている一本の木の姿に感動する。雪で押さえつけられ、樹が裂けそれでも立ち上がる。
e0146390_10465303.jpg
e0146390_10472291.jpg
e0146390_10473894.jpg
e0146390_11185180.jpg
e0146390_11190589.jpg
11:25 土倉山に戻り、山頂を独り占めのランチタイム110.png 男前の劔様とふたりで⁉ 至福の土倉山‼
e0146390_11195325.jpg
e0146390_11200575.jpg
e0146390_11201616.jpg
e0146390_11203138.jpg
e0146390_11205421.jpg
12:25 下山開始→分岐まで戻ると、大倉山から戻られた足跡があり、その跡を追って鍋増谷へと戻る。→
e0146390_11250029.jpg
13:45 作業林道 下り1時間20分 
e0146390_11251614.jpg
e0146390_11253134.jpg




# by pcs43750 | 2019-04-21 11:40 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png4月18日(木)晴れ 二日前に大倉山から土倉山を目指しましたが、山頂直前で、敗退!劔様は何処から見ても男前‼ と納得したつもりでしたが、、、春山日和!鍋増谷作業林道の登山口を8:00スタート→林道から、取り付きが大変で、植林地を登ります。しばらくは信じられないほどの急登ですが、つい最近、付けられたと思うトラロープに助けられ、藪道を登ります。マーキングテープも在り登山道の無い山と思って居ましたが、踏み跡が出来て居る。伊折橋付近の桜が見頃でカメラマンは沢山ですが、残雪の山に登って居る人は居なくて、、、今日も貸し切りの土倉山です。10:50 山頂到着 標高差866m 2時間50分
確かに大倉山から見た劔様より、一段と早月尾根が際立って見えます。
e0146390_11153494.jpg
奥大日岳、大日岳
e0146390_11155194.jpg
大熊山
e0146390_11160785.jpg
e0146390_11162485.jpg
e0146390_11164439.jpg
e0146390_11170131.jpg
大猫山へと繋がる東芦見尾根
e0146390_11171446.jpg
ここから、眺めた桑崎山が目を惹く!
e0146390_11412046.jpg
僧ヶ岳、駒ケ岳
e0146390_11413400.jpg
e0146390_11414900.jpg
12:00 下山開始→独り占めの山頂、男前の劔様、気が付けば1時間10分の滞在!その間にニホンカモシカがやって来て、恨めしそうに私を見て一声吠える。初めて声を聴いたような?
e0146390_11421548.jpg
鍋増谷目指して下降! 土倉山を振り返る。
e0146390_11423142.jpg
登山口 13:30 下り1時間30分 劔様とふたりで?夢見心地の土倉山でした。今度の晴れに、又、お会いしましょう‼113.png


# by pcs43750 | 2019-04-19 12:18 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png4月16日(火)晴れ 男前の劔様にお会いしたくて、、、またまた出掛けて終いました。8:30 登山口スタート→しばらく登ると下山される方が在り、駐車場に一台車が有りましたが???わけを聞いてみると、「朝焼けの剱岳を見たくて、頂上に3時間滞在しました。」とおっしゃる。剱岳のモルゲンロート在るのでしょうか?興味深々!
標高1000m位から雪が繋がり稜線歩きは快適です。
e0146390_16110098.jpg
e0146390_16111608.jpg
登って来た稜線 この季節の山歩きが一番です。110.png
e0146390_16112991.jpg
11:10 大倉山頂上
e0146390_16114153.jpg
スルーして、男前の劔様を求めて土倉山へと向かう。気温が上がり、雪質も悪くなりアイゼンからカンジキに変え、亀裂が入って居る所も在り賞味期限は短いかな?
1274mまで標高を下げて1384mの土倉山へと、登ります。しかし、誰も居ない不安に駆られて、急いで大倉山に戻ります。
e0146390_16120633.jpg
鞍部から見た大倉山
e0146390_16122061.jpg
e0146390_16123418.jpg
e0146390_16550846.jpg
e0146390_16552467.jpg
e0146390_16554298.jpg
e0146390_16560783.jpg
e0146390_16563951.jpg
13:20 再び大倉山に戻り、ランチタイムをとり、14:10 下山開始→
e0146390_16570401.jpg
16:00 登山口 昨日の降雪で山中は白く美しい 賞味期限の短い春山を楽しみました。剱様は、何処から見ても男前113.png
e0146390_16572500.jpg

 
# by pcs43750 | 2019-04-17 17:15 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png4月13日(土)晴れ 8日に東京から戻りましたが、気温の変化に体がついて行かなくて体調が戻りません。山友の誘いにも自信が無く137.png取り合えず、ぼんやりの老体を登山で刺激して見る事にしました。中山を目指しましたが、伊折集落でゲートが閉じられて居たので、大倉山に向かいました。桑首谷への林道に入り合流点に停車して、登山口を目指す。登山口に来て、水を持って来て居ない事に気が付いて、登山を諦め散策して居ると、下りて来られた方が在り、残雪の状況を伺う。この方がペットボトル2本、を下さり「気を付けていってらっしゃい。」と見送って下さる。10:00 登山口スタート→急登が始まり真っ直ぐ登るのでザックを下ろす場所もない。→1000mを越えると残雪が繋がり、先行者の足跡を追う。→標高が上がり剱岳が見えだしたころ、山頂から次々に下りて来られる方とすれ違う。12:15 「もうこの景色を楽しんで戻ろうかなあ!」と弱気になる。下山の方に「絶景の山頂でしたよ!」と励まされ、もう少し頑張ってみる。
e0146390_07045555.jpg
e0146390_07051041.jpg
12:50 やったー! 独り占めの山頂‼110.png 雪で水を作り、劔様の写真を‼と大忙しです。
e0146390_07052635.jpg
今年はまだ登って居ない、僧ヶ岳、駒ケ岳
e0146390_07053936.jpg
新雪に土倉山へと足跡が残され、一本の道、風景に感動する。
e0146390_07055336.jpg
猫又谷をのぞき
e0146390_07060841.jpg
ランチタイム中に少し雲が湧き出し、土倉山から二人の方が戻って来られ、独りぼっちを賑やかして下さる。
e0146390_07063198.jpg
13:40 下山開始→
e0146390_07071568.jpg
15:30 登山口 お水を下さった方、有り難う御座いました。お蔭さまで、とても美しい劔様と対面出来ました。
e0146390_07072862.jpg

# by pcs43750 | 2019-04-15 08:47 | 山だより | Trackback | Comments(2)
101.png3月29日(金)晴れ k姐さんに誘って頂いてシャルマン火打スキー場から登る放山!以前に、笹倉温泉側から深い雪を頼もしい男性二人が、ラッセルで登頂した事があります。前烏帽子岳・烏帽子岳・阿弥陀山を眺めて、その荒々しい姿に感動した山です。ところが、スキー場のリフトを使用すると1019m迄登れてしまうとは、知りませんでした。そう言えば、あの時スキー場から登った方が何人も在り、笹倉温泉からは、私達だけでした。9:00 1019mの管理小屋前をスタート→ ヤホー!
e0146390_20431655.jpg
e0146390_20433139.jpg
e0146390_20434603.jpg
e0146390_20440825.jpg
権現岳・鉾ヶ岳
e0146390_20443365.jpg
10:10 放山山頂
e0146390_20445344.jpg
e0146390_20451138.jpg
空沢山まで、行ってみたいと思いましたが、一旦標高を下げて300m登る?雪庇も危ないしと、思い留まり北面台地を眺めて山頂に戻る。
e0146390_21084485.jpg
e0146390_21090199.jpg
e0146390_21091440.jpg
e0146390_21092902.jpg
e0146390_21094956.jpg
e0146390_21101152.jpg
e0146390_21102918.jpg
11:00 下山開始→
e0146390_21142308.jpg
12:00 スキー場 駐車場 ランチは車で少し下り 「174.pngひだまり」と言う私と同年齢位の女性グループが運営される素朴なお店で手打ちそばの定食! とても美味しゅう御座いました。110.png





# by pcs43750 | 2019-03-31 21:23 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png3月27日(水)晴れ 赤祖父山に福寿草を見に行きました。前日にテレビで放映があり、賑わっています。林道は綺麗にかたずけられ、登山口まで車が上がります。
9:00 福寿草自生地側の登山道を登ります。谷に残雪は無く登山道は藪が伸びて、わかりにくくなって居ます。福寿草は6,7㎝位迄伸びて居ますが、影になるので固く閉じて居ます。それにしても藪がひどく急な登山道です。去年、4月の末に登った時はもう少し手入れがされて居たと思うのですが、、、
1030m 扇山 更に展望峰を目指します。
e0146390_17044293.jpg
10:50 赤祖父山展望峰 風が出て来たのでランチは後に、展望を楽しむ。
e0146390_17045940.jpg
高清水 1145m Y子姐さんをお誘いして縄ヶ池から瑞泉寺迄、道宗道を歩いて見たいですね。
e0146390_17051521.jpg
医王山
e0146390_17053116.jpg
少し下り風を避けてランチタイム!そして下山開始→静寂なブナ林歩き、散居村の萌黄色が樹間を彩る。花も好きだけれども、この風景に癒されます。
e0146390_17055299.jpg
e0146390_17061646.jpg
福寿草自生地は西側で午後から暖かくなるので往復する事に!
e0146390_17063292.jpg
e0146390_17322776.jpg
e0146390_17324244.jpg
絶滅危惧に瀕しているコシノコバイモ どうか、この、雪解けを待ちわびて咲く可愛らしい花をここに、残して欲しい!
e0146390_17325846.jpg
e0146390_17331665.jpg
雪割草は咲き始めで、これからでしょうか?13:20 登山口 春の妖精と出会えたお山でした。


# by pcs43750 | 2019-03-31 17:54 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png3月10日 広島に住む、息子夫婦に2人目の赤ちゃんの誕生の知らせが在り、ママの体力が戻るまでの手伝いに呼ばれ、4歳の孫守に出掛けました。山陽自動車道広島ICでかれこれ12年振りの広島入りです。15日、孫を保育園に送り、宮島に出掛けました。
e0146390_12164509.jpg
e0146390_12170631.jpg
e0146390_12172230.jpg
e0146390_12174066.jpg
宮島ロープウエー獅子岩駅より弥山山頂まで、所要時間約1時間のコースです。
e0146390_12175871.jpg
e0146390_12181711.jpg
e0146390_12183374.jpg
e0146390_12185471.jpg
e0146390_12191289.jpg
e0146390_12192990.jpg
e0146390_12194949.jpg
e0146390_12200970.jpg

# by pcs43750 | 2019-03-31 12:36 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png3月5日(火)晴れ Y子姐さんと黒部川扇状地から、堂々たる山容を見せる。展望の良い素敵な山に出掛けました。
7:00 夢想塾スタート→取り付きから急登の登山道ですが、雪解けが進んで居て、乾いて居るので逆に登りやすく快適です。638mピーク辺りのブナ林から雪が続いて居ましたが、踏み跡を辿りながらツボ足で登ります。鍋倉山796,1m 残雪は少なく大地方面を眺めても雑木が目立ち、黒々と見える。900m位から新雪が足跡を隠して居ました。かんじきを付けて、雪面が締まって居り快適です。1100mピーク辺りで黒部川扇状地、富山湾が望め、山頂を目指す。→11:00 大地山頂 登り4時間
大地から初雪山
e0146390_10150442.jpg
朝日岳
e0146390_10151836.jpg
黒菱山
e0146390_10153712.jpg
12:20 下山開始です。 山頂でのんびりランチタイムをして居ると、単独の男性が「トレース、有り難う!」と登って来られ、初雪山を眺めてランチをされ、下山される。気が付けば1時間20分も過ごして居た事に!
e0146390_10160637.jpg
帰り道
e0146390_10163177.jpg
鍋倉山
e0146390_10165223.jpg
夢想塾 15:00 下り2時間40分 大地山は残雪期に雑木が隠され、素晴らしい展望台です。

# by pcs43750 | 2019-03-08 10:56 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png3月2日(土)晴れ ミツボ駐車場まで、車が入り8:20 駐車場をスタート→
8:50 南保富士登山口→
e0146390_09170971.jpg
11:40 黒菱山到着‼ 大地山、初雪山 積雪量は少なく山頂の道標の黒菱山の文字が読み取れる。
e0146390_09173651.jpg
栂海新道の稜線
e0146390_09175054.jpg
焼山への稜線
e0146390_09180867.jpg
11:50 下山開始→
e0146390_09182853.jpg
山頂は風が吹いているので少し戻り、銀嶺の稜線を眺めながらの至福のランチタイムを過ごしました。本日、黒菱山まで、向かったのは私達と単独の青年の3人です。気温が低く良い条件で登れました。
e0146390_09185689.jpg
14:00 南保富士より  大鷲山
e0146390_09192658.jpg
南保富士より黒菱山
e0146390_09194813.jpg
e0146390_09202129.jpg
15:00 登山口→15:30 駐車場 所属する会の三月の山行会に提案した山ですが、残雪が少なく、前日の定例会で、福寿草の自生地の在る赤祖父山に変更しましたが、果たして、良かったのか?赤祖父山と黒菱山どちらも標高は1000mちょっと、こちらも雪解けの状態は同じかも知れません。

# by pcs43750 | 2019-03-06 10:19 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png2月6日(水)曇りのち晴れ 昨日の感動が止まなくて、同じメンバーで糸魚川の山に出掛けました。山之坊集落8:40出発→
e0146390_20015879.jpg
明星山が目を惹く!
e0146390_20021115.jpg
真那板山?大渚山?
e0146390_20022261.jpg
e0146390_20023542.jpg
苛酷な運命を生き抜いてきたであろうと、、、出合いに感動
e0146390_20024478.jpg
e0146390_20025637.jpg
e0146390_20030615.jpg
13:30 無事下山! 本日も楽しいお山でした。

# by pcs43750 | 2019-02-07 20:26 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png2月5日(火)晴れ 「天気が良いよ!」と前日に誘って頂いて立山の見える山に出掛けました。粟巣野スキー場を7:40出発→貯水池を越えると急登の痩せ尾根で緊張して登ります。天気は徐々に晴れ、樹氷と青空そして、雪をまとった山々、山頂は別世界でした。
e0146390_07571780.jpg
e0146390_07573055.jpg
e0146390_07574256.jpg
e0146390_07575772.jpg
桑崎山を眺めながらランチタイム!至福の時をすごして、瀬戸蔵山へ下山開始→
e0146390_07581018.jpg
e0146390_07583420.jpg
e0146390_08053424.jpg
e0146390_08055887.jpg
15:40 粟巣野スキー場 とても楽しい山行でした。

# by pcs43750 | 2019-02-07 08:14 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png1月19日(土)晴れ 所属する会の山行会に参加しました。仲間で集え、その後は温泉で新年会‼楽しい時間を過ごしました。
e0146390_06232455.jpg

# by pcs43750 | 2019-01-27 06:23 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png1月14日(月)晴れ 足馴し3日目 k姐さんに感謝!有り難う!途方に暮れて居る時に、ふっと声を掛けて下さり救われました。
e0146390_06082671.jpg
e0146390_06084530.jpg
e0146390_06090136.jpg
e0146390_06091782.jpg
e0146390_06093696.jpg

# by pcs43750 | 2019-01-27 06:10 | 山だより | Trackback | Comments(0)
101.png1月13日(日)晴れ k姐さんと足馴し2日目‼ 逃れられない事は、受け止めるしか無い。k姐さんに刺激されて、【南木佳士】さんの小説を読む。【草滑り」「ダイヤモンドダスト」「阿弥陀堂だより」
e0146390_05551372.jpg

# by pcs43750 | 2019-01-27 05:55 | 山だより | Trackback | Comments(0)