ブログトップ

幸diary

pcs43750.exblog.jp

楽しい山登り

6月8日(金)晴れ Tさん、O姐さん、私、3人でヒスイ峡から、後半コースを竜護の尾根との分岐からの登りに変えて登りました。
8:00 ヒスイ峡スタート→
e0146390_11470034.jpg
e0146390_11471833.jpg
e0146390_11473456.jpg
ツリバナ 
e0146390_11475104.jpg
e0146390_11481131.jpg
e0146390_11482718.jpg
ハナイカダ
e0146390_11484725.jpg
10:20 竜護の尾根取り付き 今回は岡集落へと向かう
e0146390_11490790.jpg
e0146390_11492883.jpg
10:45 竜護の尾根との分岐→
e0146390_11494880.jpg
e0146390_12004977.jpg
e0146390_12010527.jpg
11:40 竜護の尾根→山頂 登り3時間40分
e0146390_12012197.jpg
e0146390_12013973.jpg
Tさん、の提案で少し下がりますが眺望の良い岩場でランチタイム! 13:00 下山開始→竜護の尾根を下ります。
e0146390_12015842.jpg
e0146390_12021785.jpg
e0146390_12023991.jpg
e0146390_12025916.jpg
e0146390_12032994.jpg
e0146390_12035249.jpg
e0146390_12122109.jpg
e0146390_12124164.jpg
e0146390_12130249.jpg
15:40 ヒスイ峡 下り2時間40分 4日間の間に雪渓は随分小さくなり、咲いて居る花も変わって居ました。
e0146390_12132382.jpg

[PR]
# by pcs43750 | 2018-06-11 12:24 | 山だより | Trackback | Comments(0)
6月4日(月)晴れ O姐さんとヒスイ峡から竜護尾根を登って山頂へ、しかし前日の疲れか?コースタイム登り3時間の予定が4時間30分、下り2時間が3時間、計7時間30分でした。2014/6/21の自己記録は計6時間、4年の間に1時間30分歩くスピードが落ちたのでしょうか?このコースは貴重な植物も多く、この季節の登山が好きです。登山口8:00出発→
ハナイカダ 雌花
e0146390_20240740.jpg
クマヤナギ
e0146390_20242504.jpg
雪渓をトラバース
e0146390_20244972.jpg
ヒトリシズカ
e0146390_20250897.jpg
ヤマシャク
e0146390_20252929.jpg
フタリシズカ
e0146390_20255170.jpg
エビネ
e0146390_20261027.jpg
イカリソウ 白
e0146390_20272801.jpg
イカリソウ ピンク
e0146390_20275171.jpg
イカリソウ ワイン
e0146390_20281080.jpg
サンカヨウ
e0146390_20383245.jpg
ハナイカダ 雄花
e0146390_20385172.jpg
タカネバラ
e0146390_20391085.jpg
山頂はまだですか!竜護の尾根はピークが幾つも在ります。
e0146390_20393479.jpg
12:30 山頂 登り4時間30分 予定コースタイムは3時間でしたが、お花を楽しみ過ぎたのでしょうか???
e0146390_20395536.jpg
e0146390_20401270.jpg
e0146390_20403013.jpg
e0146390_20404929.jpg
e0146390_20413699.jpg
1時間のランチタイム‼ 13:30 下山開始→
e0146390_20415868.jpg
e0146390_20563954.jpg
e0146390_20565989.jpg
ヒメシャガ
e0146390_20572574.jpg
シラネアオイ
e0146390_20575056.jpg
断崖絶壁に咲くキスゲ
e0146390_20581543.jpg
e0146390_20583798.jpg
16:30 登山口 下り 3時間 登山口の案内には、登り3時間下り2時間と書かれて居ますが、、、どうしたことか?
e0146390_20585828.jpg
e0146390_20593323.jpg
O姐さんと二人で登るのは、ひさしぶり!楽しい山行でした。


[PR]
# by pcs43750 | 2018-06-06 21:11 | 山だより | Trackback | Comments(0)
6月3日(日)晴れ 所属する会の山行会に参加しました。宇奈月尾根コース第2登山口6:50スタート→第3登山口→僧ヶ岳山頂12:00 登り5時間 ガスがかかり、眺望は在りません。少し降りて、仏ヶ平から前僧ヶ岳側の雪渓でランチタイム!Oさん、Kさん、シェフに変身 楽しませて下さいます。とても美味しゅう御座います。13:30下山開始→第2登山口16:30 下り3時間 個人で自由に登るのも楽しいけれど、自分よりも若い世代の方達と御一緒出来る事が何より楽しい。
e0146390_14284792.jpg
e0146390_14292269.jpg
e0146390_14300940.jpg
e0146390_14305487.jpg
e0146390_14314375.jpg

[PR]
# by pcs43750 | 2018-06-06 14:33 | 山だより | Trackback | Comments(0)
5月22日(火)晴れ メンバーはTさん、K姐さん、Mさん、私の4人です。坂田峠を6:45スタート→金時の頭7:20→山姥平8:15→白鳥山頂上8:45〜10:00 登り2時間 私は何度も登って居ますが、小屋の展望台に登った事が有りませんでした。Mさん、に釣られて、はじめての展望台、360度の眺望を楽しめます。ランチタイムを取って、下山開始10:00→シキワリの水場10:50→坂田峠11:30 下り1時間30分 午前中の山行と成りました。
展望台からの風景
e0146390_19122943.jpg
e0146390_19124573.jpg
e0146390_19125943.jpg
e0146390_19131304.jpg
10:00 下山開始→
e0146390_19132882.jpg
帰りは少しペースダウンして山の写真を撮ったり、Tさんに教えていただいた花の観察をしたり、とても楽しい方達です。
e0146390_19164228.jpg
e0146390_19170509.jpg
e0146390_19172588.jpg
オオカメノキ(ムシカリ)
e0146390_19174815.jpg
シキワリの水場付近に咲くシラネアオイ
e0146390_19180348.jpg
e0146390_19182000.jpg
マンサク
e0146390_19183507.jpg
ヤブデマリ
e0146390_19185564.jpg
ムシカリとヤブデマリ花が良く似て居ると思っていましたが、Tさん、に教えていただくと、違いが良く解りました。この中では、一番早く歩けないのが私で、恐縮です。これに懲りずに 又、誘ってくださいね。110.png

[PR]
# by pcs43750 | 2018-05-23 19:42 | 山だより | Trackback | Comments(0)
5月20日(日)曇りのち晴れ 所属する会の山行会に参加しました。小又林道ゲート前登山口 7:35スタート→7:45登山口715m尾根に取り付く ここから、1250mまで急登が続く→8:25巨大杉980m→11:00大熊山山頂 登り3時間30分 10名の参加ですが、足が揃って順調なコースタイムです。山頂手前で雲がきれて、剱岳が顔を見せてくれました。雲海に浮かぶ瑞々しい山々を、思わず足を止め、皆で歓声をあげて、、、楽しい山行に成りました。年に1度、紅葉の大熊山と思って居ましたが、今日の大熊山に魅せられて、年に2度 大熊山へ登りたいと思いました。
e0146390_03244101.jpg
e0146390_03250390.jpg
e0146390_03253677.jpg
e0146390_03255994.jpg
11:00〜12:10 山頂にて、剱岳を仰ぎながら、ゆっくりとランチタイム!至福の時を過ごし、下山開始→
e0146390_03261435.jpg
e0146390_03263648.jpg
e0146390_03265885.jpg
雷の恐ろしさを通る度に感じる。
e0146390_03272257.jpg
14:45 登山口→14:55 駐車場 下り2時間45分 皆様、お疲れ様でした。車の提供、美味しい差し入れ他、有り難う御座いました。名ばかりの担当者で申し訳ございません。車で移動の時、思いもよらぬ事態に、冷静に対応される男性陣、大切な事を教わりました。110.png


[PR]
# by pcs43750 | 2018-05-23 04:11 | 山だより | Trackback | Comments(0)
5月11日(金)降水確率0% 山名の由来は僧の雪形 スキー場、観音様駐車場から、Tさん、K姐さん、私の3人で新雪が降り、お化粧直しを済ませた北アルプス連峰の眺望を楽しみました。
5:20 スキー場スタート→10:00 山頂 登り4時間40分 山頂10:00~11:10ランチタイム!111.png
11:10 下山開始→14:50 観音様 下り3時間40分 何時もながら、健脚のお二人です。
6:30 第3登山口
e0146390_14504799.jpg
8:20 
e0146390_14510655.jpg
e0146390_14512621.jpg
9:50 
e0146390_14514215.jpg
10:00 山頂
e0146390_14515691.jpg
e0146390_14521289.jpg
e0146390_14524126.jpg
e0146390_14574323.jpg
e0146390_14580477.jpg
e0146390_14582795.jpg
11:10 下山開始→
e0146390_15011568.jpg
e0146390_15013108.jpg
e0146390_15014711.jpg
e0146390_15020184.jpg
e0146390_15022540.jpg
e0146390_15024446.jpg
e0146390_15031480.jpg
e0146390_15043051.jpg
e0146390_15051577.jpg
e0146390_15054875.jpg
e0146390_15081160.jpg
e0146390_15083761.jpg
e0146390_15134334.jpg
e0146390_15140488.jpg
e0146390_15142702.jpg
e0146390_15144925.jpg
e0146390_15151270.jpg
14:50 観音様駐車場 古くから、人々の生活と深く関わって来た身近な僧ヶ岳、登山コースもいくつか在り、四季折々植物に会いに、何時登っても飽きる事は有りません。Tさん、K姐さん、遅れがちの私を誘って頂いて有り難う御座います。これに懲りずに又、ご一緒にお願いします。


[PR]
# by pcs43750 | 2018-05-16 15:10 | 山だより | Trackback | Comments(0)
5月5日(土)曇り一時雨 僧ヶ岳登山の予定でしたが、天気の回復が遅れ雲の動きが活発なので、行先が天蓋山に変更されました。ラッキー!初めて登る天蓋山。Tさん、K姐さん、私の3人です。
8:00 山之村キャンプ場をスタート→今日はこどもの日、キャンプ場は賑やかです。
e0146390_20374133.jpg
9:00 すずめ平 1370m
e0146390_20380071.jpg
9:40 天蓋山 1527m 360度の展望が素晴らしい山です。乗鞍、笠ヶ岳、黒部五郎、北ノ俣、薬師岳、立山、さらには御岳、白山も見えます。今日は少し雲が有りますが、それにしても素晴らしい眺望です。お昼には早いのですが、朝が早いので、お腹が空いてゆっくりとランチタイムを取る。
e0146390_20381610.jpg
e0146390_20383442.jpg
e0146390_20385558.jpg
e0146390_20392086.jpg
e0146390_20394173.jpg
e0146390_20402616.jpg
e0146390_20404813.jpg
11:00 下山開始 帰り道はのんびりと、、、朝は開いていなかったカタバミ、淡いピンク色です。
e0146390_20410786.jpg
12:30 山之村キャンプ場
e0146390_21062031.jpg
キャンプ場は標高1000m位で、こどもの日、、、バーベキュウなど、コテージやバンガローの利用者が多い。楽しそうですね。中河与一「天の夕顔」読んで見たく成りました。


[PR]
# by pcs43750 | 2018-05-15 21:19 | 山だより | Trackback | Comments(0)
4月30日(月)晴れ 由布岳PAは色々な施設が有り、利用者が多く、ゆっくり朝食タイムを取り、19:20大分港出発のフェリーまでの時間を温泉で過ごそうと、由布院の奥座敷、ゆのひら温泉を目指しました。花合野川沿いに、5ヶ所ある源泉かけ流しの共同浴場をハシゴします。
e0146390_14065463.jpg
e0146390_14071048.jpg
e0146390_14072751.jpg
e0146390_14074304.jpg
e0146390_14080097.jpg
e0146390_14082389.jpg
車中泊の疲れも、登山の疲れも、すっかり癒され、道の駅由布院へ移動する。ここで、お土産などを購入して、ランチタイム!周りは、ゴールデンウイークで混雑して居ました。湯布院を観光するつもりで、ここに来たけれど、一人で観光弛をまわっても???と つまらなくなって、終いました。
e0146390_14083981.jpg
フェリーには早いけれど、大分港を目指そうと大分自動車道に入りました。ところが、車の加速が悪く、今にも止まりそうで、、、結局、由布岳スマートで下りて、城島高原経由で別府市を目指し、ガソリンスタンドで車の点検をお願いしました。「多分、エンジンの故障と思うけれど、スズキは明日から連休で、今日は営業して居るので、電話してあげようか?」と親切にしてくださいました。私は、それまでの満足感が一変して、どうして富山に帰ろうか???「今日の神戸港行きのフェリーに乗らないと往けないから取り合えず大分港まで、行きます。」「事故に気を付けて下さい。」そんな会話を残して大分港に着きました。予定時間より3時間も前ですが、、、車がフェリーに、登って行くのか???取り合えず手続きを済ませ、時間になって、車もどうにか、4階まで登ってくれました。フェリーの移動は快適で翌朝、神戸港に着き、名神高速道路、北陸自動車と不安な車でどうにか自宅に戻りました。後で調べて頂いた結果、3つあるエンジンの1つが動いて居なく、残り2つで動いている状態だそうです。それから、このような状況になった時には、車の保険を使うと良いそうです。あ~疲れた。初めての九州はハネムーンで、初めて飛行機に乗って出かけた。最後の九州は車が壊れて、必死で富山に戻った。45年の歳月が私を随分変えて終った。今さら、そんな事より、無事、何事も無く、帰って来られて良かったです。110.png


[PR]
# by pcs43750 | 2018-05-15 15:37 | 山だより | Trackback | Comments(0)
4月29日(日)晴れ 祝子川温泉駐車場を5時に出発‼ 登山口付近に駐車して朝食タイム‼ 明るくなってから、大崩山メインルート湧塚コースを登ります。
5:50 登山口スタート→急な斜面を登ると、緩やかな登山道となる。支谷を3回横切ると大崩山荘が見えてくる。
e0146390_14051263.jpg
6:20 煙突から煙が見えたので小屋に寄って見ると、数人が囲炉裏で暖をとって居られ 「小屋の方ですか?」と声を掛けると 「いや、小屋に泊って居る方です。」と答えて下さる。開放的な避難小屋でグループで来た時には利用して見たいと思いました。
e0146390_14053236.jpg
帰りは坊主尾根からここに戻る予定です。
e0146390_14055261.jpg
沢沿いのツツジが水の流れのように美しい
e0146390_14061607.jpg
7:00 祝子川を渡渉
e0146390_14063920.jpg
7:30 若狭岩屋
e0146390_14065995.jpg
8:20 袖ダキ展望所から見上げる 小積ダキ北壁や、これから向かう下ワク塚の岩峰が圧巻です。
e0146390_14072367.jpg
e0146390_14074671.jpg
e0146390_14081239.jpg
e0146390_14083631.jpg
9:10 下ワク塚、中ワク塚と怖い場所も慣れてしまい、上ワク塚に行こうとしましたが、行き詰まり、、、上ワク塚は諦めて山頂をめざす。
e0146390_14534906.jpg
e0146390_14540844.jpg
e0146390_14544171.jpg
10:00 上ワク塚基部を越えて
e0146390_15070599.jpg
10:15 坊主尾根分岐
e0146390_15072436.jpg
中ワク塚で遊んだ、疲れがでて来ましたが、山頂に行かねばと、鹿川方面分岐→石塚 1644m→11:00 大崩山 1643,3m 山頂
e0146390_15075880.jpg
11:10 山頂は余り眺望が良く無いので、石塚に戻りランチタイム!
e0146390_15082359.jpg
11:40 下山開始→
e0146390_15100838.jpg
e0146390_15102377.jpg
e0146390_15104601.jpg
e0146390_15111486.jpg
e0146390_15104601.jpg
e0146390_15123129.jpg
e0146390_15120051.jpg
12:00 坊主尾根分岐に戻りワク塚方面の展望を楽しみながら、小積ダキへ→坊主尾根を下る。
e0146390_15391432.jpg
e0146390_15413086.jpg
e0146390_15414886.jpg
e0146390_15421431.jpg
e0146390_15431571.jpg
e0146390_15434155.jpg
e0146390_15440076.jpg
e0146390_15442140.jpg
e0146390_15445709.jpg
e0146390_15452201.jpg
14:40 祝子川を渡渉する。偶然にも登りの時にワク塚で一緒だった方が(彼らは、山頂に行かないで、岩場で遊んでいたらしいけど)下山で再び一緒になり、怖いはずの坊主尾根も楽しく降りて来ました。
e0146390_15552931.jpg
15:10 無事下山! 
e0146390_15561634.jpg
祝子川温泉美人の湯で汗を流して、昨日に続き、2回目さぞかし美人に?目的の三山登頂はどうにか、順調に達成されました。明日は神戸港行きのフェリーに乗ります。山道を延岡市へと走らせ、道の駅北川はゆまで夕食を済ませ、自動車道は使わず326号線10号線と大分を目指す。大分市街地に入って運転ミス、ナビと喧嘩しながら、夜の別府温泉、家族で遊びに来た事を思い出し感傷的になり、大分自動車道に入り由布院を目指す。そして、由布岳SAで眠気を感じ、車中泊!九州に初めて来たのは、ハネムーン、20歳の時!そして、子供達が小学生の頃、家族で何度か九州に遊びに来ました。すっかり忘れていた遠い記憶が蘇る。その後、正月登山の1月、開聞岳や韓国岳、由布岳、2月樹氷を求めて、3月福寿草、ミヤマキリシマの5月と‼ 子供達に親離れされて、ツアーで通った九州の山、その頃は百名山など考えて居ませんでした。登ってなっかた、祖母山に登頂できて、幸せいっぱいです。多分、最後の九州になるかと思います。


[PR]
# by pcs43750 | 2018-05-07 16:25 | 山だより | Trackback | Comments(0)
4月28日(土)晴れ 登り→坊主尾根コース  下り→九折越コース  傾山を象徴するのが三角点のある本傾をはじめ、後傾や前傾とも呼ばれる。二ツ坊主、三ツ坊主、吉作落しなど、変化に富む岩尾根に驚嘆するハードコースに挑む。
6:30 スタート→
e0146390_16034473.jpg
6:50 分岐
e0146390_16041097.jpg
6:57 落差70mの観音滝
e0146390_16043768.jpg
7:03 観音滝の上で流れをまたいで対岸に渡る
e0146390_16050469.jpg
三ツ尾で官行コースと合流、やがて坊主尾根コースと水場コースに道は分かれ、破線の坊主尾根へと向かう。三ツ坊主の岩峰の基部に取り付き東斜面を進む。西方にその斜面を見ながら斜面を登り切り岩をよじ登ると2つ目のピーク
9:00 →
e0146390_16052994.jpg
e0146390_16054972.jpg
e0146390_16061140.jpg
岩角の東側からハシゴでトラバース気味に下り西側が断崖になった岩峰を過ぎると三ツ坊主が終わる。次に岩溝のあるのが、二ツ坊主の最初の岩峰。さらに岩峰は続く
9:20
e0146390_16324527.jpg
9:30
e0146390_16331716.jpg
e0146390_16334103.jpg
9:40
e0146390_16341675.jpg
e0146390_16370089.jpg
e0146390_16373285.jpg
e0146390_16375513.jpg
e0146390_16382739.jpg
e0146390_16390158.jpg
e0146390_16392659.jpg
e0146390_16395876.jpg
e0146390_16403019.jpg
10:15
e0146390_16425414.jpg
e0146390_16431388.jpg
e0146390_16433967.jpg
e0146390_16440361.jpg
e0146390_16443204.jpg
e0146390_16445613.jpg
e0146390_16452546.jpg
e0146390_16461061.jpg
e0146390_16471761.jpg
10:40 
e0146390_16492625.jpg
11:20 傾山山頂 今日は土曜日なのでt登山者が多く賑やかです。後傾を前に断崖と思われる岩に腰かけランチタイム! 登り5時間‼
e0146390_16552290.jpg
e0146390_16555385.jpg
e0146390_16561815.jpg
12:00 下山開始→ 後傾から三角点のある本傾を仰ぐ
e0146390_17013688.jpg
e0146390_17020911.jpg
e0146390_17024348.jpg
九折越を目指す。
e0146390_17031773.jpg
e0146390_17060550.jpg
e0146390_17063255.jpg
e0146390_17065803.jpg
e0146390_17073233.jpg
e0146390_17081454.jpg
13:10 九折越分岐此処まで稜線歩きで順調でした。生い茂る樹林帯に突入、、、傾山は明日が山開き登山会と聞いて居ましたが、確かに新しいテープのマーキングはされて居るけど、少なく、落ち葉が厚く堆積して登山道がわかりにくい。何故か前も後ろも誰も居ない137.png
e0146390_17084346.jpg
河原の渡渉箇所で進路を失い探して居ると私と同じコースで下りて来た方が声を掛けて下さり、やっと一安心、やれやれです。
そして、駐車場まで、ご一緒していただきました。110.pngどうして誰も居ないのか?それは私が急ぎ過ぎたので、、、つまり下山開始が早すぎた様です。それから、傾山は300名山で、登山者も百名山に比べると少なく登山道整備も、、、道迷いで遭難も在るそうです。🐻さんは居ないけれど、生い茂る樹林帯で迷子は嫌です。
15:00 無事下山! 下り 3時間
e0146390_17425498.jpg
駐車場に戻り、明日の大崩山の登山口、祝子川渓谷を目指すも、意外と移動時間が掛かり祝子川温泉美人の湯で汗を流して、上がった頃には既に夕闇が押し寄せ、トイレの使える駐車場で車中泊しました。おやすみなさい!

[PR]
# by pcs43750 | 2018-05-06 17:57 | 山だより | Trackback | Comments(0)
4月27日(金)晴れ 黒金山尾根コースで天狗岩を目指し、稜線に出て祖母山を目指し、宮原コースで下山しました。今年初めて登る百名山で、72座目です。6:10 登山口→
6:30 第二吊り橋
e0146390_21563046.jpg
6:36 津上橋
e0146390_21564910.jpg
6:50 黒金山尾根取付
e0146390_21570856.jpg
8:50 1300mくらいがアケボノツツジの見頃
e0146390_21572725.jpg
9:00 天狗ノ岩屋
e0146390_21575329.jpg
9:20 天狗岩を巻いて
e0146390_21581770.jpg
9:25 天狗の分かれ 稜線に出て祖母山を目指す。
e0146390_21584246.jpg
e0146390_22122874.jpg
e0146390_22125593.jpg
e0146390_22132162.jpg
稜線のアケボノツツジは蕾、ツクシシャクナゲも蕾です。
e0146390_22134738.jpg
e0146390_22143058.jpg
10:45 祖母山頂 4時間35分の登りです。山頂には別コースから登って来られた方が数人居られ、少し早いランチタイム!
e0146390_22282101.jpg
e0146390_22292385.jpg
e0146390_22300233.jpg
11:20 下山開始→
e0146390_22304269.jpg
11:30 祖母山九合目小屋 只今改修工事中!
e0146390_22380341.jpg
e0146390_22382613.jpg
 馬の背 屏風岩 稜線歩きはアケボノツツジに酔いしれて、、、貴女に会いたくて、富山県から訪ねて来たの‼帰り道は心ゆくまでアケボノツツジの風景を楽しむ110.png
e0146390_22481293.jpg
e0146390_22484225.jpg
e0146390_22491787.jpg
e0146390_22494025.jpg
e0146390_22503084.jpg
e0146390_22510954.jpg
e0146390_22514939.jpg
e0146390_22521805.jpg
e0146390_22571301.jpg
14:30 無事下山! 下り3時間10分
e0146390_22580097.jpg
LAMP豊後大野に戻り、入浴、洗濯を済ませ、夕食はジビエ料理 鹿肉のロースト丼 たっぷりの野菜サラダ  とてもおいしゅうございました。
e0146390_22590169.jpg


[PR]
# by pcs43750 | 2018-05-05 23:11 | 山だより | Trackback | Comments(0)
4月25日~30日まで、お姑さんを施設で預かっていただき、私はかねてより計画していた九州の祖母山1756,4mを登る為、車で神戸港を目指し、19:00発のカーフェリーに乗船しました。26日6:20に大分港に着き、豊後大野市の尾平をナビを頼りに車を走らせ、ほぼ順調に着きました。LAMP豊後大野に宿泊のお願いをして、川上渓谷の散策に出掛けました。
尾平鉱山付近から天狗岩、祖母山を仰いで‼
e0146390_13355234.jpg
11:00 尾平登山口 標高600m
e0146390_13362702.jpg
11:10 第一吊り橋を見送り黒金山尾根コースへ
e0146390_13364647.jpg
    第二吊り橋を渡り峡谷右岸の登山道を歩く。
11:40 分岐で登山道から離れ渓谷コースに入る。
e0146390_13371036.jpg
滑滝で木漏れ日が差し、美しい流れです。8月上旬~中旬にかけてキレンゲショウマが開花するそうです。
e0146390_13373148.jpg
e0146390_13374742.jpg
e0146390_13380954.jpg
e0146390_13383475.jpg
e0146390_13385480.jpg
e0146390_13391704.jpg
e0146390_14082202.jpg
13:00 九州に🐻さんは居ないけれど、、、峡谷沿いには道らしい所は無く、苔むしたロープがあるけど、かなり危険!誰もいない峡谷が淋しくなって、分岐に戻り黒金尾根コースを登って見る事にしました。
e0146390_14214139.jpg
14:20 標高1200m位から上がアケボノツツジの見頃の様です。ここにはツクシシャクナゲも咲いて居ました。
e0146390_14225318.jpg
e0146390_14240142.jpg
e0146390_14252964.jpg
14:50 1300mまで登りましたが、誰にも出会わず、、、下山開始→
e0146390_14262832.jpg
16:00 登山口に戻り→本日の宿 『LAMP豊後大野』へ
e0146390_14274172.jpg



[PR]
# by pcs43750 | 2018-05-04 14:45 | 山だより | Trackback | Comments(0)

4月22日(日)晴れ 所属する会の山行会、今回は私の担当でした。赤祖父林道崩壊の為、林道歩きの行程時間が増えてしまった事が災いしたのか?参加者が少なく残念でした。しかし、、、男性陣のまだまだ、老いぼれてなんか居ませんよ~!女性陣のもう、ひと花 咲かせようと思っとるがいちゃ!という声が聞こえて来そうな勢いで、展望峰まで登りました。天気も良く、赤祖父山の自然を充分に楽しむ事が出来ました。11名全員がいろんな役割を受け持っていただき、有り難う御座いました。心に残る赤祖父山でした。担当が言うのは、変かしら❓110.png福寿草に合わせて何時も登って居ました。今回、季節が遅れたため、新しい発見が有り、益々好きな山になりました。
e0146390_16584788.jpg


[PR]
# by pcs43750 | 2018-04-23 17:05 | 山だより | Trackback | Comments(0)
4月16日(月)曇り時々晴れ 「登りたい!」と聞くとホイホイ、ご一緒したくなる呉西の山、赤祖父は花の山 福寿草の自生地 オオミスミソウ コシノコバイモ ピンクのカタバミ(赤祖父は色が濃い。呉東は白 その境界線?とても興味深く?)何度通っても飽きません。今はまだ残雪が有りますが、赤尾の行徳寺から、井波の瑞泉寺まで、歩いて見たい道宗道!里山の山歩きを楽しめる山域です。でも、🐻さんも、暮らして居られるかも?ばったり出会わない様に入山の時は注意して下さいネ!
8:00 林道車止めをスタート→40分の林道歩き
e0146390_16113247.jpg
8:50 福寿草の自生地 見頃は過ぎてしまいましたが、、、残って居ました。
e0146390_16115589.jpg
この辺りにあったオオミスミソウの花はもう、見当たらず、カタクリが咲いて居る。標高が上がるとオオミスミソウの見頃の所が現れ、急傾斜の登りも、花好きの私達はなんのその!足元の花を愛でながら、いばらの出始めた道も、構わずどんどん登ります。→
10:10 作業林道 ここからの登山道には、残雪が有ります。
e0146390_16121652.jpg
10:50 扇山 1033m山頂
e0146390_16133889.jpg
11:15 展望峰 ランチタイム!
e0146390_16124468.jpg
展望峰から、高清水山 1145m 稜線が道宗道 12:05 下山開始→12:20 扇山山頂
e0146390_16131483.jpg
作業林道を過ぎて夏道を下山→ うつむいて咲く姿がいじらしい コシノコバイモ
e0146390_16141436.jpg
14:00 登山口 無事下山!
e0146390_16143847.jpg
林道歩き40分 
e0146390_16150643.jpg
14:40 車止め 何故か?登りも下りも40分の林道歩き!! さて、後は本番の山行会、、、お楽しみに!110.png



[PR]
# by pcs43750 | 2018-04-18 16:58 | 山だより | Trackback | Comments(0)
4月8日(日)荒天 2018 なんとウォーキングフェスティバルに参加の申し込みをして居ましたが、7:00中止の連絡が有り、私は前日から実家に帰省していたので、赤祖父山が気になり、福寿草自生地に向かいました。
e0146390_10430849.jpg
e0146390_10433269.jpg
e0146390_10440415.jpg
e0146390_10443477.jpg
e0146390_10450155.jpg
e0146390_10452860.jpg
e0146390_10455673.jpg
e0146390_10463154.jpg
e0146390_10470044.jpg
e0146390_10472091.jpg
春の訪れを喜んで居たのに 、、冷たさをたえる小さな花が、とても愛おしく、、いついつまでもこの自然を大切にと願うばかりです。


[PR]
# by pcs43750 | 2018-04-09 11:08 | 山だより | Trackback | Comments(0)
4月2日(月)晴れ お姑さんをデイサービスに見送り、三十六歌仙の歌人が愛した双耳峰、夫婦山に小井波登山口から登りました。養豚場11:00スタート→ここから、残雪が有り、かんじき持参、松瀬峠→先に女峰へと少し登りましたが、思い直して男峰へ向かう→
e0146390_22444721.jpg
e0146390_22450492.jpg
e0146390_22452418.jpg
女峰はなだらかですが、男峰はかなりの急斜面、必要な所にはロープが張って在るけれども、残雪が微妙に登りにくく残って居る。かんじきは松瀬峠に置いて、つぼあしです。巨岩の展望台にも登りましたが、10年前に登った時に面白いと思った所ですが、体力の無くなった今、、、怖いと感じる。
e0146390_22455091.jpg
12:40 男峰 784m 
e0146390_22593900.jpg
山頂から、白木峰 
e0146390_23000342.jpg
戸田峰
e0146390_23002230.jpg
女峰
e0146390_23005272.jpg
13:20 下山開始→
e0146390_23012152.jpg
14:20 小井波養豚場 アスレチックの様で面白かった山ですが、杖にすがって登るコースでは有りません。
e0146390_23081410.jpg
e0146390_23083327.jpg
猿倉のカタクリ 
e0146390_23085863.jpg


[PR]
# by pcs43750 | 2018-04-05 22:20 | 山だより | Trackback | Comments(0)
4月1日(日)晴れ 所属する会の山行会に参加しました。愛らしい幻の花 オキナグサを求めて早春の神成山を訪ねました。宮崎公園から、9:30 ハイキングコースをスタート→
e0146390_19142920.jpg
日本一きれいなハイキングコースですから、、、ゴミは落ちて居ません。きちんと管理されています。
e0146390_19152333.jpg
神成山(龍王ピーク)
e0146390_19154704.jpg
ハイキングコース彩るミツバツツジ 北陸地方と比べると、色が軟らかく?感じる。
e0146390_19160885.jpg
e0146390_19164229.jpg
e0146390_19171236.jpg
翁草自生地 (植生保護)幻の花を堪能する
e0146390_19173761.jpg
e0146390_19180145.jpg
吾妻山 ランチタイム!
e0146390_19182551.jpg
新堀神社 
e0146390_19185271.jpg
新堀公会堂 12:10 休憩含む2時間40分のハイキングコースでした。
e0146390_19513327.jpg
バスで移動して、「南蛇井」というユニークな名の上信電鉄の駅に植えられている翁草を訪ねる。
e0146390_19520118.jpg
e0146390_19522454.jpg
広島に居た頃に翁草を庭で育てて居ましたが、2年程で絶えて終いました。線路の敷石の所を好むなんて、知りませんでした。あちこちの山野に自生していたそうですが、今では絶滅危惧種に指定されるまでに数が減ってしまったそうです。うつむいた姿が愛らしいですね。花が終わって、ひげが伸びて、種になって飛んで行ってしまうまで、、、見届けられないのが残念!   楽しい山行会でした。110.png

[PR]
# by pcs43750 | 2018-04-04 20:29 | 山だより | Trackback | Comments(0)
3月31日(土)晴れ 久し振りの富山市、満開の桜を眺めて!!
e0146390_10183910.jpg
e0146390_10190388.jpg
e0146390_10192467.jpg
今年は桜の開花が早く、、、そしていっせいに散ってしまうようです。なんだか寂しいですね。

[PR]
# by pcs43750 | 2018-04-02 10:09 | 山だより | Trackback | Comments(0)
3月29日(木)晴れ お姑さんはデイサービスへ見送り、用事を済ませて四月の山行会の下見に出掛けました。林道は雪で空いていない事は知って居ましたが、去年の土砂災害がこんなに大変になって居るとは知りませんでした。
e0146390_19244455.jpg
今日は家を出るのが遅いので、取り合えず福寿草の自生地までと、林道を登るも途中で崩壊地となり、林道が切れて居る。
e0146390_19251449.jpg
e0146390_19254153.jpg
e0146390_19261048.jpg
e0146390_19263443.jpg
e0146390_19265612.jpg
e0146390_19271885.jpg
e0146390_19274356.jpg
e0146390_19280492.jpg
e0146390_19283842.jpg
e0146390_19351641.jpg
e0146390_19354775.jpg
e0146390_19361393.jpg
e0146390_19364088.jpg
e0146390_19370429.jpg
e0146390_19375548.jpg
登山口までのアクセスが大変ですが、登山はもんだいは無いようです、、、花は開花が進み、予定の日では遅いと思います。福寿草は赤ちゃんの様!!可愛いですね。
取り合えず、花の状況を報告します。

[PR]
# by pcs43750 | 2018-03-30 19:52 | 山だより | Trackback | Comments(0)
3月24日(土)晴れ 日帰りで初雪山に登る度、テント泊をして見たいと思って居たので、所属する会の山行会に参加しました。夢想塾から、日帰り大地山のグループと共に7:30に出発しましたが、、、憧れのテント泊、しかし私は大型ザックに振り回され、思う様には登れない。グループの足を引っ張る事になり、大地山到着が、12:10で、登り4時間40分 標準コースタイム3時間30分です。私は既に疲れて終い、先に着かれた日帰りグループと会話する余裕もなく、テーブルを入れ替わり、ランチタイム!13:00 初雪側に少し下り、遭対協の雪洞付近にテント設営→14:00 テント2張り完成!気温低下に備える。→16:00風除けのあるテーブルで夕食タイム!! kさんが何時もの、フライパン持参で、あれやこれやとお料理して下さり、k子さんも豚汁、あれやこれやとお料理して下さり、温かい夕食と仲間の優しい思いやりに感謝して、楽しい夕餉を過ごす。→徐々に風が強まり気温低下が始まり、テントに移動!寒さより、風の音が気に成り、眠れなかったけれども、体は休められた。
3月25日(日)晴れ 4:00 起床!朝食! 風は相変わらず強く、、、6:00初雪山へ いざ出発!!→
e0146390_12312868.jpg
e0146390_12315849.jpg
e0146390_12322426.jpg
9:25 初雪山 やったー!到着‼
e0146390_12333879.jpg
e0146390_12335514.jpg
剱岳方面は春霞でぼんやりと‼
e0146390_12342864.jpg
カッコイイ‼ 犬ケ岳 戌年だから、登りたいけど?
e0146390_12345043.jpg
大地山から登って来たルート
e0146390_12351331.jpg
朝日岳が近い‼やはりハッキリとしません。
e0146390_12353919.jpg
9:35 下山開始→
e0146390_12360102.jpg
何時もの雪庇‼ 今年は最中で雪質は緩く、帰り道、何度もアイゼンの足が落ちる。
e0146390_12525606.jpg
初雪山が遠く成り‼
e0146390_12533215.jpg
12:00 ベースキャンプ‼→ランチタイム!→13:30 大地山下山開始→16:45 夢想塾 無事下山!皆様、お疲れ様でした。荷物の軽量化を考えてみたいと思います。
有り難う御座いました。110.png 大は小を兼ねると買ったザックですが、つい持ち過ぎて終い、第一腰椎圧迫骨折の体では、上半身のバランスを保てず、何度も転んで終いました。体幹トレーニングで克服出来ると良いのですが、、、取り合えず痛む腰と膝にシップして、腰をコルセットで固定し、家族には、「山で転んで、、」など、口に出せないので、心の中で「イテテ!イテテ!」叫びながらの日常生活!!179.png

[PR]
# by pcs43750 | 2018-03-27 13:14 | 山だより | Trackback | Comments(0)
3月12日(月)晴れ 本日は姑さんをデイサービスに見送り、偵察の心算で三峯グリーンランドを目指しました。ラッキーな事に駐車場まで、車が登りました。
9:00 三峯駐車場スタート→今日は良く冷えて、そーらですが、、、かんじき付けて林道を歩く。
9:35 南保富士登山口→登山道は雪が溶けた所も有りますが、上に登って行くとまだまだ雪は続いています。
10:45 南保富士山頂 スノーシューとかんじきの先行者の跡があります。
e0146390_09543603.jpg
e0146390_09550800.jpg
二王山へと樹氷原を登ります。
e0146390_09553593.jpg
e0146390_09555510.jpg
e0146390_09562618.jpg
11:10 二王山784m 二王山から黒菱山1043,3mまで、2時間弱です。
e0146390_10041870.jpg
取り合えず、眺望の良い先のピークを目指します。
e0146390_10043718.jpg
11:30  851mピーク ここで、大鷲山を望みながら、、、昨日ご一緒した、k姐さん達も、今頃こちらを眺めながらランチタイムかな?と思いながら、ランチタイムです。
e0146390_10045401.jpg
e0146390_10051230.jpg
e0146390_10053590.jpg
12:15 下山開始→
12:34 二王山→
13:00 南保富士 山頂をにぎやかしていらっしゃる方は皆、知り合いでこれから、ランチタイムの様ですが、私は既にお腹の中!早々に下山!
e0146390_10270387.jpg
e0146390_10274432.jpg
e0146390_10283310.jpg
帰り道は満開のマンサクに癒されます。早春賦を歌いながら下山!178.png179.png178.png179.png169.png
e0146390_10292273.jpg
14:30 駐車場 去年の今頃は、腰椎の骨折で、単独登山でした。今も体にはハンディが在るけれども、、、困った時にそれと無く力を貸して下さった方、有り難う御座いました。充分大人ですが、、、あとを追って成長したいと願います。




[PR]
# by pcs43750 | 2018-03-14 10:55 | 山だより | Trackback | Comments(0)
3月11日(日)晴れのち曇り Tさん、k姐さん、Tさん、O姐さん、私、5人で 8:00 天湖森駐車場スタート→林道楡原割山線を登る。
e0146390_19562313.jpg
8:45 林道分岐を右に南側登山口を目指す。
e0146390_19572457.jpg
9:10 稜線に出る
e0146390_19580858.jpg
9:20 大乗悟山 なぜか、、、この山頂がメルヘンチックで好きです。
e0146390_19583256.jpg
e0146390_19585789.jpg
e0146390_19591804.jpg
9:35 下山開始→カンナ尾山を目指します。
e0146390_20114563.jpg
9:50~10:10 カンナ尾山
e0146390_20121878.jpg
11:15~11:50 御鷹山 ランチタイムをとるも、寒くてゆっくりできず、早々に下山開始→
e0146390_20124949.jpg
12:00 桐谷峠
e0146390_20131868.jpg
12:30 林道分岐
e0146390_20134287.jpg
13:00 天湖森駐車場 無事下山! 天気が思いの外早く崩れて、、、7日の様に春を感じながら、、、とは違って居ました。皆様、お疲れ様でした。109.png
e0146390_20140459.jpg


[PR]
# by pcs43750 | 2018-03-11 20:32 | 山だより | Trackback | Comments(0)
3月7日(水)晴れ 今日はお姑さんの在宅日ですが、、、旦那様にお願いして出掛けてしまいました。k姐さん、Mさん、Tさん、はじめてご一緒するKさん、女性5人のグループです。割山森林公園天湖森の駐車場を9:16 スタート→林道楡原割山線を登り分岐を右に笹津山方面に進む。
e0146390_18003058.jpg
10:40 林道から大乗悟山南側登山口に取り付き印を探しながら登って行く
e0146390_18005075.jpg
11:06 大乗悟山590m とても素敵な山頂で、広々と見える北アルプス連峰を眺めながら、ゆっくりとランチタイムを楽しむ。暫くして男性が一人登って来られましたが、一列に腰かけて子供の様にはしゃぐ私達を見て、、、いつの間にか去って行かれる。
e0146390_18011473.jpg
e0146390_18013701.jpg
12:00 下山開始→分岐に戻り、先程の男性の足跡を追ってカンナ尾山を目指す。
12:45 カンナ尾山676,2m
e0146390_18020015.jpg
山頂から、少し戻って作業林道から桐谷峠に続く林道に出て御鷹山を目指す。→13:40 御鷹山675m
e0146390_18022567.jpg
14:00 下山開始→私はこのコースは2回目ですが、、、ほとんど記憶に無く、、、ただ この山頂は覚えています。ここに陣を取、殿様が鷹の獲物を狩る様を楽しんだのでしょうか?153.png
14:40 楡原割山線分岐
e0146390_18024756.jpg
15:20 天湖森駐車場 純白の雪を踏みしめて、マンサクの咲くなだらかな稜線を春を感じながら、楽しみました。夢の様な一日でした。

[PR]
# by pcs43750 | 2018-03-10 18:44 | 山だより | Trackback | Comments(0)
3月6日(火)曇り Y子姐さんとO姐さんをお誘いして、大品山1420mに登る予定でしたが、立山山麓に来てみると、稜線がガスの天候不良の為、3人で合意で行先を変更して、尖山にしました。今年は3回目ですが、いつ来ても人気の山です。分県登山ガイドに【山頂で遺跡が発掘された円錐形の不思議な山】と記述されます。夏椿峠コースをのぼります。9:10駐車場をスタート→夏椿峠に着くと、Y子姐さんが「ここから、超々急登りコースがあるよ!!」と教えて下さる。しかし、このコースで十分急登なので、「次回に!!」と前回のコースを登る。何時も楽しいメンバーです。10:40 559,3m 山頂
e0146390_13204157.jpg
e0146390_13210304.jpg
10:55 下山開始→ 下山は夏道で下ります。→ 11:20 駐車場
まだ、帰宅には早いので、来拝山899,3mを目指す事に決まり、国立立山青少年自然へ車で移動しました。今日は気温が低いので施設内に持ち込みランチ‼ 暖かく頂きました。登山届を提出して 13:10 山頂を目指す。登山道は沢山の方の踏み跡が有りますが、何れも雪が緩んで、落とし穴だらけで、何度も樹の中に落ちてしまいます。14:10 来拝山899,3m 山頂 寒いと思ったら樹氷が出来ていいます。
e0146390_13493602.jpg
e0146390_13505374.jpg
e0146390_13512195.jpg
e0146390_13515440.jpg
14:30 下山開始→15:00 自然の家 無事下山! 天気が良く無い事も幸いして、気兼ねの無いお喋りを楽しんだ。楽しいお山でした。


[PR]
# by pcs43750 | 2018-03-10 13:58 | 山だより | Trackback | Comments(0)
3月4日(日)晴れ 昨日、大辻山に登ったMさん、体調不良を一日休養で回復したY子姐さん、私の3人で再び鍋冠山を目指しました。
e0146390_22322466.jpg
8:06 西種公民館をスタート→凍結防止の水を流す急登の集落内の道を骨原分岐で右に行く。ため池の横から、高峰山登山口を目指して、林道を途中ショートカットして登る。
9:30 分岐→ 釜池分岐で左に入り→高峰山登山道を進むと鍋冠山への取り付きの印が有り、赤いテープを追いながら、山頂に着く。
10:40 鍋冠山山頂 天気が味方してくれ、本日の眺望は最高です。27日のテーブルは痩せてかろうじて残って居ました。「まだお腹が空いて居ない」とY子姐さん、、、「朝早かったからお腹が空いた。」と私、、、Mさんは「どちらでも」、、、結局のんびりとランチタイム! 前回と同じ105.png
e0146390_22324679.jpg
e0146390_22330383.jpg
e0146390_22332473.jpg
11:50 下山開始→高峰山登山道まで戻り、西種方面に向かおうとすると、初鍋冠のMさんが残念そうに高峰方面を振り返るのが見え、、、山頂でのんびりとした事が良かったのか?疲労感が抜け、時間もあるので、高峰山を目指す。
12:40 920mピーク   鍋冠山900mを振り返る
e0146390_23410046.jpg
13:00 高峰山 957,7m しかし、山頂への取り付きが不安なので、今回はここで山頂とする。
e0146390_23464759.jpg
e0146390_23470602.jpg
e0146390_23473051.jpg
e0146390_23475023.jpg
e0146390_23481550.jpg
e0146390_23484145.jpg
13:10 下山開始→  920mピークから高峰山
e0146390_23524398.jpg
15:30  西種公民館 無事下山! 鍋冠山で高峰山の登頂を諦めてしまった私ですが、お二人の励ましで悔いを残さずに済みました。有り難う御座いました。






[PR]
# by pcs43750 | 2018-03-09 23:58 | 山だより | Trackback | Comments(0)
3月3日(土)晴れ 大辻山をフィールドトレーニングとされるHさんをリーダーに、Mさん、k姐さん、私の4人で残雪の剱・立山を仰ぎ見る大辻山に登りました。
e0146390_10492737.jpg
7:30 国立立山青少年自然の家を長尾峠へ向けて、林道をスノーシューを付けてスタート→
e0146390_10561392.jpg
8:07 林道から見る 来拝山 899,5m
e0146390_10565031.jpg
林道から見える 鍬崎山
e0146390_10571947.jpg
9:00 長尾峠 健脚のメンバーで林道歩きからヒートアップ!! 真面目に登山を求めるメンバーで、私も必死に付いて行く!! 林道歩き 1時間半 
e0146390_10574875.jpg
9番の登山口から、大辻山を目指す。→標高が上がり、急登になるとザラメの上の新雪が滑り最中が割れて、足が上がりにくい!! 少し遅れながら必死に山頂をめざす。
e0146390_11114631.jpg
10:40 大辻山 1361m 山頂 登り3時間10分 大辻山には何度も登った事は有りますが、こんなにも美しい眺望と出会えたのは、多分初めてでしょう。そして、Hさんの作って下さったテーブルで立山連峰を仰ぎながら、至福のランチタイム! Hさんが焼いて下さった干タラ 熱々をいただきました。ごちそうさまでした。
e0146390_11121307.jpg
e0146390_11124181.jpg
11:50 下山開始→帰り道は長尾山 1001m 経由でショートカットして、林道を青少年センターを目指す。私は、徐々に遅れ気味で、、、ラストを歩く。私は健脚の方だと思っていますが、上には上が有り、このメンバーには、追いつけないかも知れませんが、ご一緒させて頂ける事が、私のトレーニングと、思っています。→14:00 国立立山青少年自然の家駐車場 下り2時間10分 天気に応援されて 絶景を堪能した大辻山でした。




[PR]
# by pcs43750 | 2018-03-05 12:27 | 山だより | Trackback | Comments(0)
2月27日(火)晴れ 火曜休日のTさんに、ご一緒をお願いすると、承諾頂き Y子姐さん、O姐さん、私の4人で西種集落から、鍋冠山を目指しました。23日にY子姐さんと歩いた林道はキャタピラーの踏んだ跡が有り山仕事の準備が始まっているようでした。8:15 西種集落スタート→林道をショートカットして標高を上げる。→9:50 高峰登山口→23日の私達の踏み跡が残って居ました。この時点で私はまだ、自分の間違いに気付いて居ませんでした。前回、下見は750mの山から806mを見て、鍋冠山と思い込んで居ました。三つの山が直線上に並び、750mから900mの鍋冠は806mの後ろに入り見えない。高峰山に向かって夏道登山道の右に居ると思っていたけれど、実際には750mの山頂夏道の左、随分手前です。しかし、なだらかな尾根を右へと下るとタイミングよく、高峰山への登山道に出て、鍋冠山へと踏み跡が残っており、分かりやすい印が付けられ、迷う事も無く 10:40 鍋冠山 に到着‼ 初めて登る鍋冠 !! 見慣れた風景も、新鮮に感じる。雪と岩の剱岳が素晴らしい!!
e0146390_20120293.jpg
e0146390_20131150.jpg
e0146390_20134663.jpg
e0146390_20141740.jpg
e0146390_20145079.jpg
鍋冠山からの眺望は素晴らしく、久し振りにご一緒する馴染のメンバーで、有頂天の私は、思って居た山と違う事に途中で気が付いたのに、、、はしゃいでいる間に忘れた。又、剱岳、大日岳、立山と遠くの山々は良く見えるけれども、近くにある、92m低い806mの山は雑木に隠され、記憶にさえ残ら無なかった。天気も良く暖かく、それぞれが持ち寄って下さった、こころづくしで ランチタイムをゆっくりと楽しませて頂く。皆様有難うございます。12:20 下山開始→来た道を下らず、直接 高峰山登山道の稜線を目指して一旦標高を下げ再び登り稜線に出る。13:05 高峰登山道920mピーク 鍋冠山や高峰山を眺めて、今回は此処までとする。
e0146390_20594694.jpg
e0146390_21001398.jpg
13:15 下山開始→稜線を歩いて居る時は良かったのですが、鞍部に下りて雑木に視界が狭まれ、雪は一気に融け、足跡も微妙に分からなくなって道迷い。取り合えず展望の出来そうな所に登ると、そこは、先週Y子姐さんとランチした場所でした。ここで、やっと帰り道の糸口が見つかり安堵する。→14:50 670m林道分岐→15:45西種集落 私はGPSログを取って居たのに、肝心な時にパニクッて、落ち着いて見ようともせず、、、今日の事は反省然り、、、先週下見の時から、地図読みが間違っていて、家に戻って軌跡と地図をじっくりと考えてやっと全てが理解出来ました。又、ほどほどの時間で糸口が偶然にも見つかりラッキーでした。地図読み上達を目指して、雪が道を隠している間に又、この界隈を訪ねたいです。とても充実した鍋冠山行!! 又、誘ってくださいね。


[PR]
# by pcs43750 | 2018-02-28 21:49 | 山だより | Trackback | Comments(0)
2月25日(日)晴れ 所属する会の山行会に参加しました。登山口 7:40 出発→
e0146390_14295249.jpg
展望広場 9:50 →
e0146390_14302960.jpg
稜線を包む雪がシルクのように滑らかだけど、既に、稜線は崩れ初めて居ます。→
e0146390_14332134.jpg
e0146390_14335459.jpg
11:20 山頂到着 14名で大きなテーブルを囲んで楽しいランチタイム!
e0146390_14384992.jpg
e0146390_14401907.jpg
e0146390_14405311.jpg
e0146390_14412752.jpg
e0146390_14420422.jpg
e0146390_14424299.jpg
13:30下山開始→15:30 登山口
途中で、童心に帰ってそり遊び!!  美しい雪と戯れた楽しい山行会でした。
e0146390_14435850.jpg


[PR]
# by pcs43750 | 2018-02-28 15:05 | 山だより | Trackback | Comments(0)
2月19日(月)晴れ Y子姐さんと桃山運動公園の予定でしたが、天気が良いので、鍋冠山下見のつもりで、西種に出掛けました。林道には、かすかな踏み跡はありますが、やはり地図にも記載され無い山ですから、、、10:10 西種公民館スタート→
e0146390_18153362.jpg
黙々と高峰山登山口を目指して林道沿い、2回ほどショートカットして標高を上げる。12:26 空腹感を感じて、ピークで腰を下ろし、目前に見える山(鍋冠山と思って居ましたが、806mピークでした。)を眺めてランチタイム!
e0146390_18250953.jpg
e0146390_18254788.jpg
13:20 下山開始→14:30 西種集落に戻る。登山仲間に鍋冠山に登りたいとおっしゃる方が数人有り、今度は、賑やかに山頂を目指したいです。
e0146390_18350917.jpg




[PR]
# by pcs43750 | 2018-02-24 18:35 | 山だより | Trackback | Comments(0)

2月18日(日)晴れ Y子姐さんと9:40大岩側登山口からスタート→
e0146390_16551578.jpg
10:40城ヶ平山 ランチタイムには少し早いので、浅生の「花の家」を訪ねて見る事にしました。 
e0146390_16575397.jpg
e0146390_16582915.jpg

11:10分岐
e0146390_17051022.jpg
11:30 浅生側登山口
e0146390_17100361.jpg
11:40 花の家は、誰も居られず 玄関先でランチタイムとする。Y子姐さんがぜんざいを持参してくれたりで、喜んで過ごして居たのですが、今日の寒さは半端じゃ有りません。
12:40 堪り兼ねて、屋外の日向に移動して、下山開始→13:00 尾根の分岐に戻る。
e0146390_17281098.jpg
13:30 再び城ヶ平山に戻り コーヒータイム!!
e0146390_17325688.jpg
e0146390_17334394.jpg
e0146390_17341150.jpg
14:35 大岩側登山口に戻る。
e0146390_17364739.jpg
浅生、種 地区は山間の集落で冬はとてつもなく寒く、又雪に閉ざされ、冬場の生活が如何にたいへんか?と思い知らされました。大岩の湯で温まって帰りました。








[PR]
# by pcs43750 | 2018-02-24 17:51 | 山だより | Trackback | Comments(0)